夢を楽しむ

夢を楽しむ

夢ってわりと意味不明というか、「現実だったらこんなことまずあり得ないだろう!」ということも平気で起こったりしますよね。

この前見た夢もそんな感じの夢でして、目が覚めた後、なんだか妙に「疲れたな…」と感じてしまったほどです。
「睡眠」という休むための行為で疲れを感じる…というのも、少々おかしな話だなとは思いますが、それくらい凄まじい展開の夢だったんです。

内容はというと、まず私が車を運転するところからスタートしました。
それだけなら普通ですが、なんとそのまま、近くにあるお店(居酒屋)へと突っ込んでいったのです。
もし現実でこんなことをしでかしたら大変です。もはや事故というレベルを超えていますよね。
なぜ突っ込んだ先が居酒屋だったのか?それも謎です。
おまけに、突っ込んだ後は、逆戻りしてそのまま走行…。
そしてその車というのが、なんとハンドルを握らなくても運転できる車だったんですよ。
「右」とか「左」とか、声に出して指示すると、車がその通りに運転するという感じです。
ただ、車がなかなか言うことを聞いてくれず、大困惑。
天邪鬼なのかなんなのか、「右」と言っているのに「左」に行こうとしたり、もうメチャクチャなんです。
夢の中では、他に車が走っていなかったため、幸い衝突事故などは起きずに済みましたが…それにしても危ないですよね。

それからこの車、やたらスピードを出すんです。
減速するように指示しても、なかなか聞いてくれないんですよ。
とにかく指示通り動いていくれないので、本当に困りました。

これでは、目が覚めた後に妙な疲労感を覚えてしまうのも、仕方ないかなという感じですね。
お店に突っ込んだ、という事態はもちろんですが、こうした仕組みの車もヤバすぎです。
思い返せば返すほど「ありえないな」という夢ですね。

現実ではまず考えられない、とんでもない出来事が起こりがちな「夢」。
周囲の人たちの話を聞くと、私の場合は特に、わけのわからない夢を見がちなようです。
個人的には、あまりにも現実的な夢だと、それはそれでつまらない気がするので…意味不明な夢を見ることも、実は結構楽しかったりします。

ただ、今回紹介した夢のように、目が覚めた後に疲労感を覚えるほどだと、いまいち休んだという気になれませんね。
とはいえ、「夢」というものを見ることで、非現実的なストーリーを体験できるのは面白いものです。
疲労感を覚えない程度の、ほどほどに刺激的な夢だったら大歓迎ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です